結婚応援コミュニティー

婚活は組み合わせる時代!結婚相談所、お見合いパーティー、サイトをうまく活用するためのコミュニティ

大阪府の結婚相談所、仲人情報

パートナーエージェント  大阪

[会社案内より]
結婚相談所パートナーエージェント。婚活を全面的にサポートする専任のコンシェルジュがあなたのパートナーを探します。東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡に展開。

ホームページ サイトを見る

コメント一覧


クチコミはまだありません。ぜひパートナーエージェントへのクチコミをしてみてください。

すべてのクチコミを見る

クチコミを投稿する

 

その他クチコミ情報

  • まず広告によく出ている「成婚率」ですが、成婚=結婚ではありません。 成婚の定義はそれぞれの結婚相談所で異なるので、一概に成婚率で比較しても意味はないと思って下さい。 パートナーエージェンシーの場合は、結婚を前提にした相手との交際という事だったように記憶しております。 分かりやすくいうと、マッチングなどでお見合して交際に入れば、成婚の対象と成り得るということです。 入会する方のほとんどが「結婚相手を探す」という目的で会員となっています。 出会って交際するということは、遊び相手探しじゃないわけですから、結婚を意識した交際となりますよね。 1ヶ月もして、この先もう少し交際してみようと思える人であれば、交際をつづけますよね。 そうなった時点で、成婚退会となるということです。 パートナーエージェンシーは入会金もそこそこお高いですが、成婚料も必要です。 成婚料が不要な結婚相談所は月会費を払っていけば辞める必要がないので 退会時に理由を確認する程度の所もあります。 そういった相談所では、 自社の活動で結婚相手と出会っても、他社で結婚相手を見つけても 「成婚による退会」と申請すれば、その会社の功績じゃなくても 成婚率が高くなってきます。 また、IBJでは、婚前交渉=成婚退会としています。 結婚するから婚前交渉するんでしょ?って感覚ですね。 プロポーズ=成婚退会としている日本仲人協会だけです。 成婚退会して本当に結婚している人が一番多いのは、日本仲人協会だと思います。 このように成婚の定義は各結婚相談所によって定義は全く違っているんですよ。 パートナーエージェンシーの場合、成婚退会して数か月すると「現状確認」という名目で退会した元会員に連絡をしています。 その時に結婚が決まったという事であれば良いのですが、お別れしたということであれば再入会をご案内します。 そうすれば、また入会金も収入となるし、交際すれば成婚退会で成婚料が入ってきますから、効率の良い入会勧誘の方法です。 そのため、問合せ頂いた方を勧誘することが少ないと思われます。 変わっていなければ、相手のプロフィールのみ自宅で確認できて、相手の写真を見るには支店に出向く必要がありました。 お見合が組めない人にも一生懸命相手を探してくれます。 お見合してくれないと交際に入らないので、成婚退会させられないですからね。 好条件を持った人であれば、お見合相手が決まりやすいので、少し安いプランを提供していると思われます。 28歳以下の割引というのも、その一つでは無いでしょうか。 除名処分というのはその団体に所属して活動するルールに背いた場合に適用される処分です。 内容にもよるでしょうけど、結婚相談所連盟に入ってなくても優良な結婚相談所は沢山ありますから、消費者としてはあまり気にしなくて良いと思いますよ。 気にするのであれば、結婚相談所は特定商取引法の対象業種なので、法令順守していないことで処罰された結婚相談所の方が問題あると思います。 結婚相談所 行政処分 などのキーワードで検索すれば、対象となった結婚相談所や事例が確認いただけるでしょう。

    サイトを見る

  • 私は、元サンマリエ会員の30代男性です。 サンマリエにて現在の妻と出会い、交際1年で結婚しました。 注)サンマリエの事しか分からないので、他の業者についてはコメントできません。 メリット (1)入会時に事細かにプロフィールを記入し、性格診断などを行い、 それに基づいて紹介しますので、内面重視であれば、相性がいい人に出会えると思います。 (2)Webメール機能がきっちりしているので、むやみに自分の個人情報(メアドや電話番号)を出さなくても連絡が出来る。 (3)結婚することが決まり、退会する場合でも成婚料などの追加料金は発生しない。 (4)イベントやサークルなどが土日を中心に多数開催されている。(ただ、場所は大都市でやる場合が多い) (5)毎月8日に定期的な紹介と、月末に特別な紹介があるので、 もしかしたら、特に自ら行動しなくても相手が見つかるかもしれません。 ただ、自分の好みじゃない方や住んでいる場所が近くでない方も紹介されます。 一応、紹介したということでそれでも費用が発生します。(最初に契約する金額に含まれています) デメリット (1)入会してからしばらくは面倒見てくれますが、その後は完全に放置されます。 (2)これはメリットでもあり、デメリットでもありますが・・・ 検索する地域によって会員数の差がかなり変わります。 私は、会員である3年間に諸事情で2回引っ越しをしました。 (静岡→神奈川→兵庫) 東京や神奈川など首都圏の場合は会員数がだいぶ多いのですが、 地方になるとびっくりするぐらい少なくなります。 (3)確かにイベントの開催される回数は多いですが、その度に参加費がかかるので、 だいぶ出費がかさみます。 いずれにしろ、自ら行動を起こしていかないと出会いがありません。 紹介された相手があまり好みではなくても、一度会ってみてください。 結構、プロフィールの写真と実際に会った時の印象が違う場合が多いです。 (実体験によるものです。 実際妻がそうでした。) 入会してしばらくすると、それまでに出会いがあればいいですが、ない場合には、 婚活に対する意欲がだいぶ落ち込みますが、そこは何とかあきらめず頑張ってください!

    サイトを見る

  • 今年成婚退会した女性です。 コンシェルジュさんによると思います。 私のコンシェルジュさんは、とっても親身でした。 お付き合いのタイミングで定期的に気持ちや進捗状況を聞いてくれ、 お相手の気持ちも伝えてくれ、さりげなく後押しをしてくれたので、 とても安心して活動ができました。 私の成婚は、コンシェルジュさんがいなかったらなかったと思います^^; でも一緒に入会した友達のコンシェルジュさんは、 何度も担当が変わったり(コンシェルジュさんが退職する為) 放置気味で、友達は不安になっていました。 高い料金ですし、 入会する際、サポートの希望をきちんとお伝えして、 安心できる活動ができるといいですね!^^

    サイトを見る

  • 確かにシステム的には私は満足していますよ♪ あなたが希望される年齢差にもよりますが、±5才程度をご希望なら私はオーネットやZWEIなどの他社を勧めますね。 女性は30代、男性は30~40代前半の方が多いです。

    サイトを見る

  • まあ、確かに結婚相談所となると、条件から入ってしまうわけで・・・ でも、女性だって高給取りを希望してる人ばかりでもないと思うし。 女性の一人っ子とかだったら、婿養子希望の人とかいるかもしれないし、逆に共働きで、家事を完全に分担希望という人だっているかもしれないじゃん? 価値観は多種多様。いろんな人がいると思うし、登録するだけしてみたら? 逆にやるだけやってダメだったら納得できるし諦めもつくが、行動すらせずに無駄に歳とったら・・・そのほうが完全に手遅れだし、後悔だって残ると思うよ?

    サイトを見る

  • それがコスト有効性の視界が結婚相談所に順応しないところで、サービスにのみ使用されるのではなく、払うべき費用が大部分に関しては広告費に分配される仲介者システムのヘルプデスクである場合、費用が広告に費やされないので、結婚の割合が低い、安いもの、それは安い、生じるかもしれません。 であるかどうか、そのスペック。前の回答者は書かれていますが、高い、そしてそれ、低く? 異性から見ます、そしてどのように、評価される? それが仲間を探すパー

    サイトを見る

  • 費用が高い結婚相談所ほど、素敵な登録者はいません。 モテないタイプの人が多いと思われます。 それなりの素敵な人は高い費用を払ってまで相談所に登録はしません。 よく考えれば分かる事です。 初期費用が高額で、月会費が10000円以上の場合には要注意。 結果がすべての成功報酬(成婚料)が10万円以上ならまだしも、 まだ何も婚活開始していない時点で 登録料・初期費用で10万円以上の相談所は信用できません。 自分に自信の無い独身者だったら、なおさらでしょう?

    サイトを見る

  • 20代で相談所は、ちょっと早いと思いますよ。友達や知り合いの紹介、婚活パーティー等は、どうでしょうか。

    サイトを見る

  • 下の回答者に賛同ですね。 オタクかどうかは関係無い。 趣味が合うとかも関係無い。 趣味が合う人が良いとか関係無いんだよ。 釣りオタク、鉄道オタク、山登りオタク、車オタク、バイクオタク、ゲームオタク、漫画やアニメオタク、鍋オタク、昆虫オタク、お笑いオタク、音楽オタク、アイドルオタク、オタクと言っても色んなオタクがいる。 僕の友人に車オタクがいる。 とにかく車が大好きでいじったりも好きで、挙句にリアルな車のプラモデルまで好きな奴がいる。 彼は結婚してるけど、妻には趣味のことは言わない。 奥さんは旦那の趣味を知ってるけど、、興味無いのでほっといてる。 車好きがこうじて休みの日に1人で車のイベント行ったりして、、後で奥さんに小言言われるみたい(家族ほって自分だけ楽しんでと怒られてる)その度に、彼も奥さんに優しくしたりデート奮発したりとご機嫌とってる。 つまり、大事なのは【距離感やコミュニケーション】です。 釣りオタクの話を永遠に聞かされたら、、一般人はたまったもんじゃない。 ポカーンだよね。 電車オタクの話を永遠に聞かされても同じです。 一番わかりやすいのが、、鍋オタクとか肉オタクね。 鍋するたびに鍋奉行でウザい奴いるじゃん。 焼肉で肉の焼き方にうるさいとか、、 相手に同じ感覚を強要してくる。 以前話したら引かれたと言うけど、それは強要や距離感にひかれてるんだよ。 つまり、オタクにも2種類いるんだよ。 共通してくる奴と、距離感をきちんと取れる奴。 つまり、オタクを理由にモテナイと言ってる人は間違い。 ただ単に、距離感やコミュニケーションが下手なだけですね。 どんな趣味があってもモテる人はモテる(変態な趣味じゃなければ、男で女の下着はくとかはキモい) 僕も漫画読むけど、漫画の話を彼女とはしないね。 それよりも、お互いが楽しめる事を話すよ。 距離感やコミュニケーションが下手な人は、いくら趣味があっても無駄です。 さっき話した車好きの彼は距離感やコミュニケーションが上手なのさ。 趣味は趣味友と共有すればいいだけです。 なんとなくだけど、男性はそれが得意で、女性は趣味友とかより彼氏にって感じです。 男は、バイク好きで集まってツーリング行ったり、鉄道オタクで集まってたりね。 でも、趣味友もやはり人間関係なので距離感やコミュニケーションや常識は必要だと思いますね。 趣味を隠す必要はない。 ただし、ひけらかしたり見せつける必要もない。 それよりも、相手を想うことや共通の話題や楽しい事も楽しめる人がモテる。 趣味以外に興味ないって人は、、協調性がないと思う。 そうだ、、協調性だ。

    サイトを見る

  • 相談所で婚活し、今月成婚退会した男です。 登録してた相談所は、検索サイトで全国の女性を見て月に8人まで申込みできるシステムで、約3年半もかかりました(パートナーエージェント、ツヴァイではありません) ・お見合い申込み人数:約150人 ・お見合いをした人数:約20人 ・交際に発展した人数:7~8人 ・真剣交際に発展:1人(成婚退会) ちなみに一緒に成婚退会した彼女は、お見合いは自分1人だけで在籍5カ月だそうです。縁と言ってしまえばそれまでですが...

    サイトを見る

大阪府の婚活・お見合いパーティー情報